a0002_010640

 

最近は、高画質の3Dオンラインゲームが流行っていますね。

 

オンラインゲームは全てのパソコンに対応しているというわけではなく、指定されたスペックを満たすパソコンでプレイしないと、画面がカクカクだったりします。
一般のパソコンはオンラインゲーム向けのパソコンとはいえないので、ゲームがしたいのであればゲームするためだけに特化した「ゲーミングパソコン」がオススメです。

 

ゲーミングパソコンを買う上で重要視してほしいのが、「CPU」、「メモリ」、「ビデオカード(VGA)」です。

 

他にも重要な点はあるのですが、初めてゲーミングパソコンを買う場合は、これら3つを最重要視し、可能な限り一番高性能な物を購入すれば大抵のゲームはプレイする事ができます。

 

CPUは「Core i7」か「Core i5」でメモリは大きければ大きいほど良いのですが、3Dゲームをしたいのであれば最低4GBは必要ですし、ビデオカードはグラフィックの動きなど関係してきます。

 

現在一番高性能なのは「GeForce GTX590」や「RADEON HD 7970 」などです。
FF14などの高スペックを要求するゲームであればCPU、メモリ、ビデオカードは今一番新しい高ランクの物の方が確実に動く補償があるのでオススメです。

安い物は何かしらの裏がある可能性があるので、低スペックの格安PCは避けましょう。

 

一般的に、ゲームをするのであればノートパソコンよりデスクトップの方が優れています。
最近は「G-Tune(マウスコンピューター)」など、自分でパーツを選びパソコンを作ってくれる会社があります。

 

市販のパソコンよりはゲーミングパソコン専門ショップで自作パソコンをしたほうが自分で好きな様にカスタマイズできますのでオススメです。

 

色々専門単語も出てきますので、ゲーミングパソコンを買う前は色々調べて、自分がやりたいゲームの推奨スペックを確認してから購入しましょう。