ノートパソコンでもゲームは出来る?出来ない?

ノートパソコン(以下ノートPC)の用途と聞かれると主にインターネットやExcelやWord等の書類作成等が目立ちますがゲームの声は全く…とは言いませんが思いの外目立ちません。

 

勿論出来ないって訳ではないのですが結論から言うと「ノートPCでも出来なくはないがどうしてもノートしか選択肢が無い以外はゲーム目当てならわざわざノートPCでやるメリットが薄い

 

それはどうしてなのかと言うと主に「排熱性に劣る」と言う点が大きいです。

 

ノートPCは机にほぼ固定のいわゆる「デスクトップパソコン(以下デスクトップPC)」に比べてパーツとパーツの間が狭く排熱性に劣ってしまい素早い処理等が求められるゲームでは熱暴走を起こしてしまいゲームどころかパソコン全体の稼働に支障を来たす可能性が高いからです。

 

デスクトップに比べると省スペース型が売りのノートPCはゲーム目当てだと却って仇になってしまっています。

デスクトップPCは置けずノートPCしか置けないと言う人は諦めろと結論付けられそうですがノートPCでもゲームをやれる方法はあります。

 

その方法がこちら

 

ゲーム特化のBTOパソコンを別途に購入

 

ノートPCと言っても一般で既に市販されているノートPCだと上記で説明したようなデメリットに見舞われやすいですがそれとは別にゲームに特化したゲーミングPCも販売されておりパソコンに詳しい人ならばCPUやメモリー、OS等細かく自分好みの部品に合わせてセッテイングしそれを元に受注生産するBTO(Build To Order)パソコンを買うと言う手があります。

 

関連記事 : 【 ノートパソコンでゲームはできますか?

 

こちらのデメリットとしてパソコンをもう一台買う事になるのでその分の出費が膨らみ通常のノートPC、下手をすればデスクトップPCよりも高くつく場合がありますがその分ゲームに特化しているのでゲーム以外の作業も兼用するよりかはスムーズに動かしやすく他の作業したくなった時にも支障が出にくくなるのでこちらを検討した方が良いでしょう。

 

PCに詳しく無くても大手パソコンショップではゲーミングPCを売り出している所も殆どなのでそちらを参考に購入を検討してみるという方法も有効です。

 

今回は以上です。

出来ればデスクトップのがオススメですがゲームする人全員がデスクトップPCを置ける共限らないので事情はどうあれノートPCでやりたいのであれば参考にしてみてはいかがでしょう?

ノートパソコンで高画質ゲームを遊ぶには

ノートパソコンで高画質な映像のゲームを遊びたい場合は、最低でもミドルレンジ以上のスペックを持ったPCの選択が必要となってきます。

一般的にミドルレンジとは設定を中もしくは高程度に抑えれば快適に動作する可能性の高いスペックで、特にCPU性能とグラフィック機能を重視して選ぶのがポイントとされます。

 

原則として、ノートパソコンでは途中でCPUやグラフィックボードを交換・増設できない傾向にある為、初期購入段階である程度の高スペックを確保しておかなければなりません。
まず、CPUには動作クロックとコア数のパラメータが存在していて、クロックが高くコア数の多いCPUほど高性能となっています。

 

近年の新しいCPUに限っては、かなりのハイスペックPCを希望しない限り動作クロックへこだわる必要性はほとんどありませんが、3Dゲームを快適に動作させたいのであれば少なくとも4コア内蔵しているCPUを選んでおくべきと言えます。

 

下位モデルとして2コアで動作するCPUもありますが、3Dゲームに対してはやや力不足となる点に注意が必要です。

 

また、グラフィック機能はGeForceシリーズを選択する場合、できるだけGTXの後に付いている数字が高いものを選んでおくと安心です。
具体的な目安としては、3桁の数字の2桁目が6または7以上のGPUを選ぶ事が推奨基準となってきます。

 

一方でRadeonのGPUを選択する場合は、型番のみでの単純な比較が難しい傾向にある為、必ず販売サイトで性能を確認してから購入するべきです。

これらは最低限の目安となる理由から、予算に余裕があれば更に高性能なノートパソコンを準備した方が快適にゲームをプレイできます。

持ち運びできる軽さとオプションによるCPU冷却力の向上

デスクトップPCではなくゲーム用のノートパソコンを選択するのであれば、持ち運びできる軽さとCPUの冷却力が重要なポイントとなります。

 

最近では17.3型という大きな液晶や4K液晶など、デスクトップPCに劣らない映像表現力を誇るノートパソコンがあります。

 

高解像度の液晶ならばゲームのグラフィックの美しさを十分に表現できますし、ノングレア処理が施されている液晶を採用しているパソコンは太陽光が強い野外でのプレイでも写り込みを軽減することが可能で、目にも優しいのです。

コストパフォーマンスを重視している機種であれば重量が2キログラム前後と、女性がカバンに入れて持ち運ぶことができますし、バッテリーの駆動時間も5時間前後と十分です。

 

そしてMMORPGジャンルのゲームをプレイする際には、長時間連続してプレイするケースが多いため、CPUを冷却しなくてはパソコンの表面温度が上昇してしまい、ゲームプレイにも支障をきたします。

デスクトップPCならファンを複数取り付けるなどの対処法がありますが、ノートパソコンの場合は筐体自体のサイズから考えても対処が困難です。

 

そこで「グリスを塗布する」という方法がありまして、たとえばG-Tuneというブランド名でゲームパソコンを販売しているmouse computerでは、オプションで高熱伝導率のナノダイヤモンドグリスを塗布してもらうことができます。

グリスは一般向けに販売されていますが、パソコンを分解するのに慣れていなかったり、メーカーによる保証が無効となってしまう恐れがあるならば、あらかじめCPUの温度を下げるグリスを塗布してもらえば良いのです。