ノートPCよりもデスクトップPCが安定

 

本格的なゲームをプレイする為には、極力デスクトップパソコンを選択するべきです。

余程の事情がない限り、ノートパソコンを選択すると後々後悔するかもしれません。

 

ノートパソコンの場合はデスクトップパソコンと比較して、省スペース性を重視して作られているため、部品と部品の間隔が狭く排熱性が低いです。

そのため、ゲームなどの重たい処理をやらせてしまうと熱暴走を起こしてしまう可能性が高いので、基本的にゲームをプレイするには向いていません。

 

※(最近はノートPCの性能も向上しています。今はデスクトップPC安定ですが、将来はゲームノートPCが主流となる日が来るかもしれません。)

 

ゲームをする際に携帯性やデザイン性は重要ではありません。

デスクトップパソコンなら内部スペースに余裕のある設計になっているので排熱性に優れ、ミドルクラスのPCでも十分なパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

 

また、ゲームをやるならグラフィックボードというパーツを重視すべきです。

グラフィックボードというのはゲームでの3Dグラフィックの表示を高速に行うための部品です。

 

ノートパソコンの場合はそもそもグラフィックボードがついていませんから、ゲームが起動しないことも多いです。

デスクトップパソコンでもグラフィックボードがついていないこともありますが、後から増設することができます。

 

一般にCPU性能が高いほど処理が高速になると思われがちですが、ゲームの場合はむしろグラフィックボードで速さが決まると言えますから、できるだけ最新の性能の良いグラフィックボードを積んだパソコンを選びましょう。

 

なお、グラフィックボードの性能などがよくわからないという人はゲーム用のBTOデスクトップパソコンを購入するのがおすすめです。